車の買取方法をお探しなら愛車買取方法ネット

車を売る方法は「下取り」と「買取り」の2つあります。

今乗っている車を車を売りたいときに、どのような方法があるかをお探しですか?
車を売る方法は、ディーラーに下取りしてもらうか、買取業者に買ってもらうかの大きくは2つの方法があります。

 

その前に、車を手放すのは、「車の乗り換え」と「車を単に売る」という理由があると思いますが、「車の乗り換え」が理由の場合は、「下取り」と「買取り」という2つの方法になりますが、「車を単に売る」場合は、買取業者に買ってもらう方法になります。

 

車を売る応報は大きく分けて2つ

車を売る方法は2つで、

1つは車を買取専門店などで買取りしてもらう方法
もう1つは、新しい車を購入する際に、その購入先の販売店に車を引き取ってもらう方法(下取り)

それぞれメリット・デメリットがありますが、その前に車買取の2つ方法について、確認しておきましょう。

 

車の買取の流れを確認しよう

新しい車に乗り換える場合
(下取りと買取りを検討する場合)

車を単に売りたい場合

*新しく購入する車を見つけた業者に下取り見積もりしてもらう
*車一括査定サイトなどで複数の業者に車を査定しらもらう

*車一括査定サイトなどで複数の業者に査定してもらう

*購入に必要な書類を用意する
*売却に必要な書類を用意する

*売却に必要な書類を用意する
*下取り見積もりと買取業者を比較して、査定額が最も高い業者へ売却する *査定額が最も高い買取業者へ売却する
*新しく購入する車を契約する  

 

車買取と車下取りのメリット・デメリット

買取りのメリットデメリット

車を買取専門店などに買い取ってもらう方法。査定額は業者ごとに異なりますので、最も高い査定額を出してくれたところに高く売ることができるメリットがありますが、その分、より多くの業者に査定を依頼しなくてはならないので手間がかかる。

 

下取りのメリットデメリット

新しい車を購入した販売店に、車を引き取ってもらう方法。車を購入する手続きと、売却する手続きを同じ販売店で行えるために、手間が省けるというメリットがありますが、一般的に査定額は、買取査定額>下取り査定額となり、愛車を最も高く売ることができない。

 

買取り、下取りともにメリットデメリットありますが、愛車を出来るだけ高く買い取ってもらいたいなら、多少手間をかけても複数店に査定を依頼することが必要です。
とはいっても、今では「かんたん車査定」や「カーセンサー」など、複数の業者へ一括で査定を依頼できる便利なサービスがありますので、こちらの利用をぜひお試し頂ければと思います。